2011年04月29日

まいどおおきに!第4回

毎週アポ無しで、和歌山の“味のあるお店”を訪ねる
「枝曾丸のまいどおおきに!」のコーナー。

例によって、またまた、ぶらくり丁をぶらぶらしていたところ、
以前お邪魔した朱洸さんのすぐ近くに、お花屋さんを見つけました。
花の可憐さとは程遠い取材チームですが、
つい、花の美しさに誘われて声をかけたのが、「フローリスト獏」の山田さんです。

名物店員の(?)山田さん
山田さんのフラワーアレンジメントは、センスがよく、
他の花屋さんの花と並んでも、独特の個性が光ると、特に女性に評判です。
ちなみに、フローリスト獏さんのすぐ近くには、
「花のとみや」さんがありますが、実は、とみやさんの支店で、
とみやさんとの違いは、ギフト用のお花を中心に置いていて、
個性が強めの花を取り揃えているところだとか。

フローリスト獏のオーナーさんは、いけばな作家として有名な
「松田隆作」さんの一番弟子で、他の花屋さんも含めて、
いろいろな人が、こちらのオーナーに、アレンジメントを習っているそうです。

山田さんに、アレンジメントのコツを聞くと、
「相手の人の話を聞いて、それに合わせて作る」ということで、
難しいところは、“季節感をどうだすか”で、
「真夏になると、花が入荷しなくなるので、季節感が出せなかったりする。
今回の東日本大震災では、リンドウなど、
涼しいところでとれる花が入ってこなくなっている。
新潟の地震の時は、ユリの花が入ってこなかった」とか。

また、枝曾丸さんの”長持ちする花を”という無茶や要求にも
山田さんのアレンジメントは応えてくれるそうで、
「弱いところも、強いところも、生きている花のよさ。
例えば、花は枯れていても、葉が生えてきていたりと、
そういうところを見て、お客さんが、元気になってくれるのがうれしい」と話します。

店頭には冷蔵ケースに入った生花はもちろん、花瓶など、
いろいろと並んでいますが、八重桜など、自分で育てるものもあります。
「そんなに変わったものでもないけど、
喜んでもらえるように、色々と取り揃えている」と、山田さん。
201104 baku.jpg

他にも、イチゴの植木鉢など、気になるものがありました。
インターネットなどで、園芸に関する情報も手に入る時代ですが、
場所柄、おばちゃんも多く来るので(朱洸やぶらくり劇場からの流れがあるとか)、
直接、育て方も教えてくれるそうです。

また、若い女性客の姿もありました。
これからの季節は、切花だとバラや(14種類ぐらいそろえている)、
母の日に向けてのカーネーションが、多く並ぶとか。
山田さんが好きだという(?)草花は、農家さんがあまり作らないので、
たくさんはありませんが、しっかりそろえてありました。

仕事をしていて楽しいのは、お客さんとの会話で、
贈った人ももちろんですが、買ってくれた人も喜んでくれること。

お客さんあれこれ
これまでに来た、変わったお客さんを聞いてみると、
「不思議の国のアリスが大好きな人にあげるお花を・・・」と注文されたとか。
その時、山田さんは、ピンク系のお花で、アレンジメントをしたそうです。

また、男の人のお客さんも増えているそうで、年代は30代以上の人が多く、
花瓶などと一緒に買っていく人や、毎週買いに来る人も。
1つ花瓶を買うことで、飾る楽しみがあるのではと、山田さんは分析しています。
なお、花を持って歩いている男性を見て、女性はどう思うのかというアンケートによると、
8割の人がいい印象を持っているということなので、
ぜひ、男性も花を買って、歩いてみては?

その他
また、そんな山田さん。東日本大震災に接して、
自分にも何かできることはないだろうかと考えて、日比野克彦さんという、
現代美術家で、東京芸大の先生が主宰する、「ハートマークビューイング」という、
ハート型のパッチワークをみんなで作ろうという活動に、最近取り組んでいるそうです。

お問い合わせ先
ハートマークビューイングも含めて、
フローリスト獏さんへのお問い合わせはこちらまで。
電話:073-436-0687 定休日は毎週火曜日です。
posted by wbs at 00:00| Comment(0) | なるシソ

2011年04月22日

まいどおおきに!第3回

毎週アポ無しで、和歌山の“味のあるお店”を訪ねる
「枝曾丸のまいどおおきに!」のコーナー。
第3回は、和歌山放送のすぐ近く、南海和歌山市駅前の
“小鯛雀寿司”でお馴染みの「角清」さんをご紹介します。

例によって、ぶらくり丁をぶらぶらしていたところ、
「師匠、昨日はありがとうござました!」と、
県内の特産物を扱う「ぶらくり わかやマーケット」の前で、
味のあるダンディな男性に声をかけられました。
この人が、和歌山市駅前に“小鯛雀寿司”などを出す食堂「角清」の大将、
中村好孝さん(永遠の36歳?)です。
201104 kadose 001.jpg

角清の歴史
なんと、創業は文化7年(1810年)と言いますから、当然江戸時代。
今年で創業201年という、正真正銘の老舗です。
「小鯛雀寿司」という名前は、
当時の紀州藩主・徳川治宝(とくがわ・はるとみ)公に付けていただいたとかで、
現在のご主人、好孝さんは7代目にあたります。
ただ、創業以来の貴重な資料は、戦争による空襲で全て焼けてしまい、
もう何も残っていないそうで、全ては、口伝えによるものだそうです。

200年の歴史がある“小鯛雀寿司”のこだわりは、
昔からの「塩じめ」によって作られていることと、
瀬戸内周辺の材料で作っているということ。
優しくて、懐かしい味といえるかもしれませんね。

創業200年以上の歴史あるお店ですが、
3人いるお子さんも、後を継ぐということは無いそうで、
好孝さんの代で最後になるかもしれません。
昔は長男が、家業を継ぐのが当たり前でしたが、今はそんな時代でも無いし、
「もう、それでいいんかな」と思うこともあるといいます。
ただ、もし息子達が店を継いでくれたら、小鯛雀寿司はもちろん、
何か新しいことをやってくれるのかな、という期待に似た思いもあるようです。
「倒れるまではやろうと思ってます」と、好孝さんはいいます。

ちなみに、ぶらくり丁のアンテナショップ「わかやマーケット」で、
よく売れているのは、やっぱり看板商品の「小鯛雀寿司」。
でも、意外と「いわし寿司」なんかも、
「嫁が作ってくれやんから」と言って買い求めるお客さんがいたり、
さんま寿司もよく出ているそうですよ。

お店にて
ということで、改めて市駅前のお店を訪ね、ラーメンセットを注文しました。
201104 kadose 004.jpg

昭和40年頃に嫁いできたという、7つ下の奥さんによると、当時は、
従業員5人に、おじいちゃん、おばあちゃんを合わせ、店内は大賑わい。
週末になると、みさき公園へ向う行楽客向けのお弁当(助六など)を作ったりと、
とにかく大忙しだったとか。

奥さんは21歳で当時銀行員の時に、好孝さんとお見合い結婚。
7つの年齢差がありますが、当時はみんなそれくらい離れていたので、
あまり気にしなかったそうです。
ちなみに、新婚旅行は、十和田湖へ。
夜行の寝台列車に乗ってのことでした。当時としては、
豪華なものだったのではないでしょうか?

昭和25年に再建した当時と、まったく同じの店内。
お店に貼ってあるメニューも昔のまま。奥さんは「もってるもんやなぁ」と言います。
「小鯛雀寿司があったから、プレミア和歌山にも認定されたけど、
普通の食堂やと、つぶれてたかな」とぽつり。

店内には、ABCラジオがかかっていましたが、
実は、自宅ではいつも和歌山放送ラジオを聴いてくださっているという奥さん。
これからも、末永くお店を続けてくださいますように。
そして、トイレを貸していただき、ありがとうございました。

角清さん・・・南海和歌山市駅の真向かいにあります。午後6時半頃までの営業です。
posted by wbs at 00:00| Comment(0) | なるシソ

2011年04月15日

まいどおおきに!第2回

毎週アポ無しで、和歌山の“味のあるお店”を訪ねる
「枝曾丸のまいどおおきに!」のコーナー。
第2回は、「ぶらくり丁周辺に行ってみよう!」ということで、
先週に続いて晴天の中、取材を行いました。

しばらく歩くと目の前に、燦然と輝く、
総合衣料(要は服屋さんですね)朱洸のビルが登場!
枝曾丸さんの舞台衣装の代名詞ともなっている「朱洸」。

20110415sisomaru 002.jpg
これは味があるということで、お話を伺ったのが、朱洸の辻さんです。

意外と知らない朱洸の歴史
まずお店の歴史から聞きますと、
1948年(昭和23年)、和歌浦の明光通り商店街に
「いもおと」という名前で衣料品店を開いたのが発祥で、
「いもおと」という店名は、創業者である辻さんのおじいさん
(会長さん)の親御さんが、“芋屋の音吉”という屋号で、
イモの仲買いをしていたからで、
そこから「いもおと」という名前にしたそうです。

和歌浦で発祥した「いもおと」ですが、創業者である会長さんは、
「商売をするならぶらくりで」という思いがあり、
ぶらくり丁商店街の、いま「エルビアン」があるところに出店し、
ぶらくり丁進出の足がかりとしました。

ちなみに、朱洸という名前の由来は、
和歌浦天満宮から日の出を見た会長さんが、
太陽の色である「朱」をとって、朱洸と名付けたそうです。

そんな歴史ある朱洸ですが、県内の衣料品店で最初に
「セルフの現金払い」を取り入れたという、
婦人服販売の草分け的なお店でもあります。
それまでの衣料品店は、現金払いではなく「掛売り」で、
お客さんにより値段もまちまちだったとか。
それを“ジャストプライス”で、どのお客さんにも同じ値段で提供するという、
現在に通じる販売方法を編み出し、地域の信頼を得ていきます。

注目の商品ラインアップ
そんな朱洸の特徴的な商品といえば、ゴージャスな衣装のコーナー。
20110415sisomaru 004.jpg

辻さんによると、カラオケ愛好家、
特に先生クラスの人が買いに来てくれるとかで、絶大な支持を得ています。
その理由として明かしてくれたのは、他の店では出回っていないようなもの
(例えば一点ものなど)にこだわって仕入れているからだとか。

ステージ衣装に限らず、アイテム数の豊富さがウリで、
1000円くらいのものから、高級な礼服まで、
辻さん自身もわからないくらいの数の衣料品をそろえています。

礼服も、高級なものから、割りと手頃なものまで、かなりのラインアップ。
百貨店なんかと比べると、いろいろな価格のものが、一斉に展開してあるので、
洋服選びがしやすいんだとか。

売れ筋商品など
ちなみに今年の流行は、グリーン系と水玉だそうで、
理由について辻さんは、
「みんな、地味な色の服は既にもっているので、明るい色を求めているのでは?」
と分析しています。
20110415sisomaru 001.jpg

気になるトラ柄も、やはり売れているとのことですが、
一時期テレビで「大阪のおばちゃん」の代名詞のように言われて、
売れ行きが悪かったことも。
ただ、基本的にいまのお年寄りはみんな若いし、
これまで着たことの無いような服で冒険するにしても、
リーズナブルなお値段で、ファッションを楽しんでもらいたいと、
辻さんは話してくれました。

辻さんから見た和歌山の人、まち。
和歌山人の特性として、年代が高くなってもみんなお洒落な人が多いと辻さん。
また、お洒落をしたいという気持ちはあっても、都会と比べると、
「お父ちゃんや、近所の人にバレないように、買い物袋を隠して」と
まだ若干周りの目を気にしている人もいるのではないかとも言います。

現在では、100円バスを利用した買い物や、
紀の国ぶらくり劇場での観劇帰りのお客さんなど、新たな流れもあるそうです。

その他
そんな朱洸グループは、朱洸・いもおと・エルビアンと、店舗を展開。
それぞれ特徴ある品揃えをしていますが、品数は、ここが一番多いとか。
ただ、どのお店も、それぞれこだわった品揃えなので、お店を回るのも、楽しそうです。

そして、ぶらくり丁商店街の中にある朱洸グループ「エルビアン」にもお邪魔しました。
エルビアンの地下は、別世界。ゴージャスなドレスがいっぱい。
20110415sisomaru 005.jpg

接客してくれた玉置さんと高垣さんによると、50歳以上のお客さんを中心に、
やはりカラオケ愛好家の方などが、衣装として買っていくそうです。

玉置さんのおすすめは、スケスケのブラウス・・・
枝曾丸さんも試着してみましたが・・・
20110415sisomaru 007.jpg


「リーズナブルにお洒落をしたい」という庶民の味方、朱洸グループ。
1000円程度の肌着から、数万円のステージ衣装まで、
一度訪ねてみると、そこには新しいあなたがいるかも・・・

お問いあわせは・・・朱洸本社 073-431-9311まで
posted by wbs at 00:00| Comment(0) | なるシソ

2011年04月08日

まいどおおきに!第1回

ご無沙汰しております。
<なるシソ>スタッフです。

和歌山にたくさんある“味のある”お店を、枝曾丸さん自ら訪ねて、
そのお店のこだわりや店主の人柄をご紹介する、枝曾丸のまいどおおきに!のコーナー。

今回、お邪魔させていただいたのは、和歌山市加太にある
「よもぎもち」の製造販売「小嶋一(こじまいち)商店」さんです。
ちなみに、このコーナーは、全くのアポ無し。定休日などの下調べも一切せず、
晴天の中、一路加太へ向かいました。

まず向かったのが、漁港近くの道路沿いにある酒屋さん「久田酒店」さん。
釣り人のオアシスでもある「久田酒店」さんの看板娘、久田さんは、
なんと枝曾丸さんの高校時代の同級生。さすが顔が広いです。

そして、次に向かったのが、吾妻屋シーサイドホテルさん。
加太周辺は入り組んでいるので、吾妻屋シーサイドホテルさんのフロントで、
「加太淡嶋温泉てくてくマップ」をいただいてから、
徒歩で淡嶋神社にお参りしました。

地図を片手に、加太の町をぶらぶらしながら、目的の小嶋一商店さんへ。
大きな鍋で、アンコをかきまぜていたのが、店主の「小嶋修一さん」49歳です。
「よもぎもち」のイメージが強い「小嶋一商店」ですが、
元々は、100年近く前から、貝屋さんとして、加太で営業をしていて、
「よもぎもち」は、24年ほど前に、修一さんが脱サラをして始めた事業なのだそうです。
20110409sisomaru 006.jpg
20110409sisomaru 003.jpg

元々、加太には、お餅屋さんが何軒もあったそうですが、
その中の一件「太田屋さん」が、お店を閉めることになり、
太田屋さんが、親戚でもあったことから、
周り(特にお母さん)にすすめられて、よもぎもち作りの修行に入ったそうです。
(サラリーマン時代は、ガス工事の監督さんだったとか)

海水浴シーズンが忙しいのはもちろん、意外に忙しいのがいまの時期で、
デイサービスなど、お年寄りの“おでかけ遠足”なんかが多く、
お土産として、たくさんの注文が入っていました。
泉南や堺方面からのお客さんが多いとのことで、
取材中にも、まるでドライブスルーのように、車でお餅を買いに来ている人もいました。

最初は立ち話だったのに、いつの間にか、奥さんも加わって、
店内にあるイスとテーブルに腰を下ろして、よもぎもちをいただきました。

小嶋さんのよもぎもちは、もち米を直接蒸して作っていることがこだわりです。
もち粉で作っているところも多いのですが、
もち米を蒸すことで、歯ごたえがあるし、
オーブントースターで焼いてたべてもおいしくいただくことができます。
また、よもぎの鮮やかな天然の緑色に、ほどよい甘さのあんこなど、
1つ110円というお値段が信じられないくらい、納得のおいしさです。

ちなみにそんな、小嶋さんの娘さん「サキさん」は、現在19歳。
なんと、NSCの女性タレントコースを卒業したばかりの、タレントの卵なんです。
奥さんに無理をいって、写真も見せてもらいましたが、可愛らしくて、
元気そうな女の子でした。今後に注目ですね!

20110409sisomaru 008.jpg
加太観光協会青年部の活動も活発で、
恐竜のあることで有名な「和歌山森林公園」の周辺に、
日本一のあじさい園を目指して、あじさいを1万本植える活動に取り組んでいます。
6月くらいには咲くとのことで、加太のあじさいもかなり楽しみです。
後で訪ねてみましたが、あじさいの木は見つけられず、恐竜で遊んで帰ってきました。
また、加太海水浴場は、バーベキューもOKで、夏場の楽しみも倍増です。

昔はかしわ餅なども作っていたそうですが、今では、よもぎもち一筋。
加太の休暇村にも出店しているので、そちらでもお買い求めできます。
小嶋一商店さんの「よもぎもち」。一度食べてみてはいかがでしょうか?
小嶋一商店さんへのお問い合わせは、電話073-459-0336までどうぞ。
posted by wbs at 15:00| Comment(0) | なるシソ

2010年02月05日

リバウンド?<なるシソ>

こんにちは。なるシソです。

枝曾丸さんのダイエット企画がひそやかに(?)進んでおりますが、
なんと今週は、リバウンド!

75.9キロになってしまっていました!!


飲み会が続いたから・・・仕方ないんよ〜


という枝曾丸さんの気持ちもわかります。
そして、自転車で外に出てみたり、ヨガマットを買ったのも大きな進歩だと思います。


ですが・・・残念ながら体重が増えてしまっていたので、


DSCN6823.JPG

<むきょ〜>

DSCN6829.JPG

<えいっ、えいっ>


DSCN6824.JPG

<ぜいぜい・・・>



生放送中に音楽をお届けしている間、スタジオ内で運動をしてもらうことになりました。
これでちょっとでもカロリー燃焼です★
(あ、体脂肪率は変わらず28.8%でした)


次回からもこの罰ゲームは続くのかっ!?
それとも体重はこれ以上増えないのかっ!?
こうご期待!!!




あいうえお作文のお題は、


ぎりちょこ(義理チョコ)


バレンタイン、か・・・ふっ(遠い目)
あなたのバレンタインに関する思い出なども添えてお寄せください。


お便りのあて先・・・


メール→m@wbs.co.jp
FAX→073−428−1414
ハガキ→〒640−8577 和歌山放送


いずれも
しそまるの午後はなるほどっ」係です。
posted by wbs at 19:52| Comment(0) | なるシソ

2009年11月13日

桂 枝曾丸サンという方は・・・

一体、どういう方なのでしょうか・・・?

衝撃的な姿をカメラで押さえてしまいました・・・・がく〜(落胆した顔)

@.jpg


ん〜。

さっ、気を取り直して・・・わーい(嬉しい顔)

来週の枝曾丸さんのお題『こんこんさん(おいなりさんの事)

そして、あいうえお作文のお題は『な・ち・の・た・き

お題の方は「こんこんさん」を用いたエピソードを送ってください☆

コチラまで↓
メールの方:m@wbs.co.jp
FAXの方:073−428−1414
おハガキの方:〒640−8577 和歌山放送
        「しそまるの午後はなるほどっ」

お待ちしていま〜す手(パー)
posted by wbs at 17:00| Comment(0) | なるシソ

Q出し!!

和歌山信愛女子短期大学付属中学の2人が職場体験で和歌山放送に来てくれ、色んなことを体験してもらいましたわーい(嬉しい顔)

2人とも放送の仕事に興味を持ってくれていて、今回はスタジオで話すだけでなく、ディレクターのお仕事である喋り手への「Q出し」も体験してもらいましたexclamation×2

その様子がコチラ↓
09.11.13JQo.jpg
最初に谷口さん に体験してもらいましたグッド(上向き矢印)

そして、樫畑さんも・・・↓
09.11.13@~Qo.jpg

二人とも、なかなか様になっているでしょexclamation&question

スタジオでは桂 枝曾丸さんからのムチャ振り(!?)にも、しっかり答えてくれましたわーい(嬉しい顔)

.jpg09.11.13M@~.jpg

最後に、引率の先生と共に集合写真を撮りましたカメラ
09.11.13MQlW^.jpg


とても頑張ってくれましたるんるん
posted by wbs at 17:00| Comment(0) | なるシソ

千客万来の金曜日〜その弐〜

二人目のゲストの方は、和歌山県税事務所税務課長 高垣晴夫さんと・・・・県税事務所に職場体験に来ている7人の中学生のみなさんでしたexclamation×2exclamation×2

11月11日から17日までが「税を考える週間exclamation×2

また、11月30日は個人事業税の後期分の納期限ですので、8月に送られてきている納付書で金融機関にて納めましょうぴかぴか(新しい)

こういった内容を中学生の皆さんがラジオで話してくれましたexclamation×2

いつも笑を交えながら分かりやすくお話を繰り広げてくれる高垣さんも、中学生の皆さんのトーク力に関心されていましたねわーい(嬉しい顔)

多くのゲストの方に囲まれて、賑やかで楽しかったですかわいいぴかぴか(新しい)

それでは、その様子をご覧下さい↓
09.11.13_w.jpg


納期限は守りましょ〜手(グー)
posted by wbs at 17:00| Comment(0) | なるシソ

千客万来の金曜日〜その壱〜

和歌山海上保安部 交通課長田口康文さんにお越しいただきましたexclamation×2

11月14日(土)11月21日(土)に開催される
『海難防止キャンペーン』についてお話いただきましたわーい(嬉しい顔)

海難というと「夏じゃないの?」と思われるかもしれませんが、これからの時期、プレジャーボート等の操船中に衝突や乗り上げ事故、そして防波堤や磯場で釣り中に海中転落するといった事故が大変多くなるらしいのですexclamation×2

しかも、和歌山県以外の地域からこれらる方の事故が大変多いということで、今回のキャンペーンは阪和自動車道紀ノ川サービスエリアの下りで実施されます晴れ

『海難防止キャンペーン』では、海上保安庁のマスコットの
うみまる」と「うーみん」がきてくれま〜す黒ハート

その他にも、安全指導用のリーフレットや啓発グッズの配布、海上保安庁の制服試着や記念撮影、ライフジャケットを着用しての記念奢侈のの撮影と贈呈、海難事故の写真パネル展示など、日頃体験できないことができる一日になりそうですexclamation×2

釣りや、海上でのスポーツを楽しまれる方々は、これからの季節もより一層気をつけて楽しんでいただきたいです船
posted by wbs at 17:00| Comment(0) | なるシソ

2009年11月06日

しそまるの午後はなるほどっ!!

今週のお題【いちびる】でしたわーい(嬉しい顔)

皆さんから思い出の【いちびる】話をたくさん頂きましたexclamation×2
ありがとうございますexclamation×2

そして、【あいうえお作文】も、本当にたくさんお寄せ頂きまして、皆さんの力作に感動しましたexclamation×2exclamation×2

みなさん・・・なかなか・・・・やりますねぇexclamation×2exclamation×2

来週の『しそまるの午後はなるほどっ』の中でご紹介するお題がありますので今日から一週間、考えて送って下さいね〜手(チョキ)

来週のお題はコチラ↓
ひらめききょうのお題『かいだるい

ひらめきあいうえお作文『わ・か・の・う・ら

コチラまで↓
黒ハートメール:m@wbs.co.jp
黒ハート073-428-1414
黒ハート〒640-8577 和歌山放送
       『しそまるの午後はなるほどっ』

皆さまからの、面白いお話や泣けるお話を楽しみにしていま〜するんるん

09.11.6@?.JPG


スタジオにあったモノでコスプレしてくれましたexclamation×2

明日(11/7)は田辺のビッグUで枝曾丸さんの落語を楽しめますよ〜exclamation×2
『南和歌山医療センター けんこうフェスタ』お楽しみに〜手(パー)
posted by wbs at 17:07| Comment(0) | なるシソ