2011年04月19日

シンプルな健康法☆

image/2011-04-19T16:43:04-1.jpg

今日のゲストは、

和歌山陸上競技協会 審判部長 山本 宜史 さんです。


和歌山国体の選手だったという山本さん。

学校の先生をされていらっしゃったそうですさくらんぼ
すーっごく優しい先生だったんじゃないかなぁ〜と思っていましたが、そこはやっぱり、陸上の事になると表情も激変exclamation&questionexclamation&questionexclamation&question


ふふふと笑って誤魔化してましたよわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)




さてさて、今日山本先生には、4月23日(土)・24日(日)に紀三井寺公園陸上競技場で行われます、陸上の『日本グランプリ第1戦 2011日本選抜陸上和歌山大会』について、お話をして頂きましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


走り高跳びややり投げ、男子十種競技や女子七種競技と、いろんな陸上競技をナマで見る事が出来ますexclamation
応援出来ますexclamationexclamation
無料ですexclamationexclamationexclamation


ゼヒゼヒ、足を運んで下さいダッシュ(走り出すさま)
きっと帰る頃には、無性に走りたくなってると思いますわーい(嬉しい顔)るんるん



私も今日から、和歌山放送から和歌山市駅までの距離を小走りしようと思いますε=ε=(ノ≧∇≦)ノ


そうそう、速く走るコツを教えて頂きましたどんっ(衝撃)

腕を前後にしっかり振る危険・警告
肩に力を入れない危険・警告
顎は引いて、10m先を見る危険・警告


ちょっとしたポイントを押さえるだけで、速くなるっるんるん
しかも走りやすいかと思いますっるんるん




さぁexclamation×2

あなたも今日から、Let's ランニンググッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


posted by wbs at 16:45| Comment(0) | なるコバ

2011年04月15日

まいどおおきに!第2回

毎週アポ無しで、和歌山の“味のあるお店”を訪ねる
「枝曾丸のまいどおおきに!」のコーナー。
第2回は、「ぶらくり丁周辺に行ってみよう!」ということで、
先週に続いて晴天の中、取材を行いました。

しばらく歩くと目の前に、燦然と輝く、
総合衣料(要は服屋さんですね)朱洸のビルが登場!
枝曾丸さんの舞台衣装の代名詞ともなっている「朱洸」。

20110415sisomaru 002.jpg
これは味があるということで、お話を伺ったのが、朱洸の辻さんです。

意外と知らない朱洸の歴史
まずお店の歴史から聞きますと、
1948年(昭和23年)、和歌浦の明光通り商店街に
「いもおと」という名前で衣料品店を開いたのが発祥で、
「いもおと」という店名は、創業者である辻さんのおじいさん
(会長さん)の親御さんが、“芋屋の音吉”という屋号で、
イモの仲買いをしていたからで、
そこから「いもおと」という名前にしたそうです。

和歌浦で発祥した「いもおと」ですが、創業者である会長さんは、
「商売をするならぶらくりで」という思いがあり、
ぶらくり丁商店街の、いま「エルビアン」があるところに出店し、
ぶらくり丁進出の足がかりとしました。

ちなみに、朱洸という名前の由来は、
和歌浦天満宮から日の出を見た会長さんが、
太陽の色である「朱」をとって、朱洸と名付けたそうです。

そんな歴史ある朱洸ですが、県内の衣料品店で最初に
「セルフの現金払い」を取り入れたという、
婦人服販売の草分け的なお店でもあります。
それまでの衣料品店は、現金払いではなく「掛売り」で、
お客さんにより値段もまちまちだったとか。
それを“ジャストプライス”で、どのお客さんにも同じ値段で提供するという、
現在に通じる販売方法を編み出し、地域の信頼を得ていきます。

注目の商品ラインアップ
そんな朱洸の特徴的な商品といえば、ゴージャスな衣装のコーナー。
20110415sisomaru 004.jpg

辻さんによると、カラオケ愛好家、
特に先生クラスの人が買いに来てくれるとかで、絶大な支持を得ています。
その理由として明かしてくれたのは、他の店では出回っていないようなもの
(例えば一点ものなど)にこだわって仕入れているからだとか。

ステージ衣装に限らず、アイテム数の豊富さがウリで、
1000円くらいのものから、高級な礼服まで、
辻さん自身もわからないくらいの数の衣料品をそろえています。

礼服も、高級なものから、割りと手頃なものまで、かなりのラインアップ。
百貨店なんかと比べると、いろいろな価格のものが、一斉に展開してあるので、
洋服選びがしやすいんだとか。

売れ筋商品など
ちなみに今年の流行は、グリーン系と水玉だそうで、
理由について辻さんは、
「みんな、地味な色の服は既にもっているので、明るい色を求めているのでは?」
と分析しています。
20110415sisomaru 001.jpg

気になるトラ柄も、やはり売れているとのことですが、
一時期テレビで「大阪のおばちゃん」の代名詞のように言われて、
売れ行きが悪かったことも。
ただ、基本的にいまのお年寄りはみんな若いし、
これまで着たことの無いような服で冒険するにしても、
リーズナブルなお値段で、ファッションを楽しんでもらいたいと、
辻さんは話してくれました。

辻さんから見た和歌山の人、まち。
和歌山人の特性として、年代が高くなってもみんなお洒落な人が多いと辻さん。
また、お洒落をしたいという気持ちはあっても、都会と比べると、
「お父ちゃんや、近所の人にバレないように、買い物袋を隠して」と
まだ若干周りの目を気にしている人もいるのではないかとも言います。

現在では、100円バスを利用した買い物や、
紀の国ぶらくり劇場での観劇帰りのお客さんなど、新たな流れもあるそうです。

その他
そんな朱洸グループは、朱洸・いもおと・エルビアンと、店舗を展開。
それぞれ特徴ある品揃えをしていますが、品数は、ここが一番多いとか。
ただ、どのお店も、それぞれこだわった品揃えなので、お店を回るのも、楽しそうです。

そして、ぶらくり丁商店街の中にある朱洸グループ「エルビアン」にもお邪魔しました。
エルビアンの地下は、別世界。ゴージャスなドレスがいっぱい。
20110415sisomaru 005.jpg

接客してくれた玉置さんと高垣さんによると、50歳以上のお客さんを中心に、
やはりカラオケ愛好家の方などが、衣装として買っていくそうです。

玉置さんのおすすめは、スケスケのブラウス・・・
枝曾丸さんも試着してみましたが・・・
20110415sisomaru 007.jpg


「リーズナブルにお洒落をしたい」という庶民の味方、朱洸グループ。
1000円程度の肌着から、数万円のステージ衣装まで、
一度訪ねてみると、そこには新しいあなたがいるかも・・・

お問いあわせは・・・朱洸本社 073-431-9311まで
posted by wbs at 00:00| Comment(0) | なるシソ

2011年04月08日

まいどおおきに!第1回

ご無沙汰しております。
<なるシソ>スタッフです。

和歌山にたくさんある“味のある”お店を、枝曾丸さん自ら訪ねて、
そのお店のこだわりや店主の人柄をご紹介する、枝曾丸のまいどおおきに!のコーナー。

今回、お邪魔させていただいたのは、和歌山市加太にある
「よもぎもち」の製造販売「小嶋一(こじまいち)商店」さんです。
ちなみに、このコーナーは、全くのアポ無し。定休日などの下調べも一切せず、
晴天の中、一路加太へ向かいました。

まず向かったのが、漁港近くの道路沿いにある酒屋さん「久田酒店」さん。
釣り人のオアシスでもある「久田酒店」さんの看板娘、久田さんは、
なんと枝曾丸さんの高校時代の同級生。さすが顔が広いです。

そして、次に向かったのが、吾妻屋シーサイドホテルさん。
加太周辺は入り組んでいるので、吾妻屋シーサイドホテルさんのフロントで、
「加太淡嶋温泉てくてくマップ」をいただいてから、
徒歩で淡嶋神社にお参りしました。

地図を片手に、加太の町をぶらぶらしながら、目的の小嶋一商店さんへ。
大きな鍋で、アンコをかきまぜていたのが、店主の「小嶋修一さん」49歳です。
「よもぎもち」のイメージが強い「小嶋一商店」ですが、
元々は、100年近く前から、貝屋さんとして、加太で営業をしていて、
「よもぎもち」は、24年ほど前に、修一さんが脱サラをして始めた事業なのだそうです。
20110409sisomaru 006.jpg
20110409sisomaru 003.jpg

元々、加太には、お餅屋さんが何軒もあったそうですが、
その中の一件「太田屋さん」が、お店を閉めることになり、
太田屋さんが、親戚でもあったことから、
周り(特にお母さん)にすすめられて、よもぎもち作りの修行に入ったそうです。
(サラリーマン時代は、ガス工事の監督さんだったとか)

海水浴シーズンが忙しいのはもちろん、意外に忙しいのがいまの時期で、
デイサービスなど、お年寄りの“おでかけ遠足”なんかが多く、
お土産として、たくさんの注文が入っていました。
泉南や堺方面からのお客さんが多いとのことで、
取材中にも、まるでドライブスルーのように、車でお餅を買いに来ている人もいました。

最初は立ち話だったのに、いつの間にか、奥さんも加わって、
店内にあるイスとテーブルに腰を下ろして、よもぎもちをいただきました。

小嶋さんのよもぎもちは、もち米を直接蒸して作っていることがこだわりです。
もち粉で作っているところも多いのですが、
もち米を蒸すことで、歯ごたえがあるし、
オーブントースターで焼いてたべてもおいしくいただくことができます。
また、よもぎの鮮やかな天然の緑色に、ほどよい甘さのあんこなど、
1つ110円というお値段が信じられないくらい、納得のおいしさです。

ちなみにそんな、小嶋さんの娘さん「サキさん」は、現在19歳。
なんと、NSCの女性タレントコースを卒業したばかりの、タレントの卵なんです。
奥さんに無理をいって、写真も見せてもらいましたが、可愛らしくて、
元気そうな女の子でした。今後に注目ですね!

20110409sisomaru 008.jpg
加太観光協会青年部の活動も活発で、
恐竜のあることで有名な「和歌山森林公園」の周辺に、
日本一のあじさい園を目指して、あじさいを1万本植える活動に取り組んでいます。
6月くらいには咲くとのことで、加太のあじさいもかなり楽しみです。
後で訪ねてみましたが、あじさいの木は見つけられず、恐竜で遊んで帰ってきました。
また、加太海水浴場は、バーベキューもOKで、夏場の楽しみも倍増です。

昔はかしわ餅なども作っていたそうですが、今では、よもぎもち一筋。
加太の休暇村にも出店しているので、そちらでもお買い求めできます。
小嶋一商店さんの「よもぎもち」。一度食べてみてはいかがでしょうか?
小嶋一商店さんへのお問い合わせは、電話073-459-0336までどうぞ。
posted by wbs at 15:00| Comment(0) | なるシソ

2011年03月30日

気のせい?いいえ、樹の精!

image/2011-03-30T17:03:05-1.jpg

なななななんとexclamation×2exclamation×2

キノピーがスタジオに遊びに来てくれちゃいましたっわーい(嬉しい顔)揺れるハート


ラジオなのに…たらーっ(汗)

しゃべらないのに…たらーっ(汗)たらーっ(汗)



いえいえexclamationexclamation

キノピーはしゃべらないんじゃありませんっ危険・警告
いつもみんなに話し掛けてますっ危険・警告危険・警告


ただ…

心が澄んでないと聞こえないんですウッシッシるんるん


私は…残念賞あせあせ(飛び散る汗)

キノピーの声は聞こえませんでした涙バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)



でも、キノピーととっても仲良しのユキお姉さんには、キノピーの声がしっかりと届いているみたいですムードムード

素晴らしいっぴかぴか(新しい)目がハートぴかぴか(新しい)



お笑い芸人の『すみたに』こと、角谷佳洋(弟)さんもキノピーとすっかり仲良し揺れるハート

息もピッタリでしたダッシュ(走り出すさま)




これから暖かくなって、キノピーもあちこちへ出かけるかと思いますひよこ


見かけたら、「キノピーexclamation×2exclamation×2」と、大きな声で呼んであげて下さいねっるんるんるんるんるんるん



キノピーはまだまだ、たくさんのお友達募集中ですわーい(嬉しい顔)手(パー)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

posted by wbs at 17:14| Comment(0) | なるコバ

桜ウォーク

便りが始まりました。

いよいよの季節ですねるんるんるんるん


桜を歩きながら楽しみませんか?

高津子山 桜ウォーク

NPO法人 「和歌の浦 万葉薪能の会」の
服部 薫 さんと
佐野 芳秀 さんが 

お知らせとお誘いにスタジオに来てくださいました。


早咲き桜の名所ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

「高津子山」

天満宮を出発して東照宮から

高津子山頂上をめざし

元ロープウェイ発着所で

サプライズ演奏や ぜんざいを振る舞って

頂けるそうです。


約1時間のコースになります


日時: 2011年4月3日(日)
     小雨決行
    

集合場所: 9時までに  
      和歌浦天満宮前集合


参加費: 無料


問い合わせ先: 電話 073-444-0155  


全身で桜・春を楽しみたいですねハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
posted by wbs at 16:10| Comment(0) | なるコバ